TrelloにPythonでアクセスしてみる

IoTとは全然関係ないですけど、TrelloというSaaSを業務で使い始めて、他のツールとのインターフェイスが必要になり始めました。Trelloはカード型のToDo管理のシステムですが、うちではワークフローのステート管理につかっています。ですので、Trelloで管理しているワークフロー終了後に次の別のワークフローに移すことやチェックのためにデータをダウンロードする必要が出てきました。

TrelloはJSON形式でデータを一括ダウンロードできるのと、直接APIを通じてデータにアクセスすることもできます。 今回はPythonでAPIを叩くことに挑戦してみました。

準備

先人のおかげさまで、TrelloへのアクセスにもPythonのパッケージが用意されています。結果として、ほとんどコードを書かずにアクセするこことができました。
MacOS10.9にCanopyをインストールした環境での作業記録になります。

パッケージtrello 0.9.1のダウンロードはPythonSoftwareFoudationのページから。

さらに必要であればURLリクエスト処理をしてくれるrequestsをインストールしてください。(私の場合は、新品に近い環境でしたので、インストールが必要でした)

インストールには、ダウンロードしたフォルダに移動して$ python setup.py installです。

さて、実際のコードはどうなるのかと思い、参考のために Trello Python API に行って例をみてみると、たった数行でアクセスできることが解りました。

この例ではパブリックにオープンなボードでの例ですが、今回は公開されていない(パーソナルな)Trelloボードにアクセスすることを試します。
Personalなボードにアクセスするため、下記の手順でユーザに対応したAPI-keyとログインを省略するためのアクセストークン(以後token)を入手する必要があります。
私の場合は両者とも手作業で行いましたが、tokenについてはスクリプト(pythonから)で入手できるかもしれません。

API keyを入手する

  • Trelloにログインします。
  • ログインした状態で https://trello.com/app-keyにアクセスすると、’key’と’Secret’という2つの番号をもらえます。
  • ‘key’ はスクリプトの中で使用します。’Secret’は大事にしまっておきなさい、ということなので、しまっておきます。

tokenを入手する

pythonを起動して

1
2
3
from trello import TrelloApi 
trello = TrelloApi('key')  # 先ほどゲットしたAPI-keyを入れます
trello.get_token_url('My App', expires='30days', write_access=True)

とすると、urlが表示されますのでそれをブラウザで表示させます。

「このMy Appというアプリケーションにアクセスを許可しますがいいですか?」的な確認が出てきて、okするとtokenが表示されると思います。それを記録しておきます。

実行

ここまでくればあとはコードを書くだけです。 今までのところで、アクセスに必要な情報とパッケージはok準備万端なので、例などを参考に下記のコードをステップバイステップで実行してみました。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
from trello import TrelloApi
trello = TrelloApi('key')
trello.set_token('Token')

token='****'  #記録したtokenとkeyを指定します。
key='***'

#これでアクセス可能な状態になります。
# 例として、ボード上のリスト名とそのidを表示させます。
# (APIでは常にidでアクセスする先を指定するので重要)

idBoard='****'  #ボードidを入れます。

lists=trello.boards.get_list(idBoard)
for list in lists:
    print list['name'] + "    " + list['id']

たった数行でアクセス可能になり、実際のアクセスも1行でできるというコードに。すばらしい!

実は、実際のアクセスにはボードやリスト、カードなどのidが必要です。上記の例ではボードidは既知としてコードを書いています。

実際はAPIから引っ張れるかもしれませんが、そこまでたどり着けていません。idは直接Trelloのページからボードに移動し、[menu]-[more]-[print & export]-[export to JSON]でデータを表示させ、そこから読み取っています。

JSONをブラウザでみるためにChromeにJSONViewを入れています。

すばらしく便利です。