mosquitto.conf 再び

昨日の、通信が途絶えている時にブローカがためておいてくれる件、mosquitto.confにはこんなオプションがありました。

  • max_queued_messages
1
2
3
4
5
# The maximum number of QoS 1 and 2 messages to hold in a queue 
# above those that are currently in-flight.  Defaults to 100. Set 
# to 0 for no maximum (not recommended).
# See also queue_qos0_messages.
#max_queued_messages 100

データ送信のキューに長さの最大を指定します。これ以上になったらどうなるのかなあ?古いやつから捨てられるのかしら?

さらに max_inflight_messagesというのもあって、こちらは通信中(?)の最大メッセージ数を規定します。

client IDの件に関連するオプションでこんなものもありました。

  • allow_zero_length_clientid
1
2
3
4
5
6
7
# This option controls whether a client is allowed to connect with a zero
# length client id or not. This option only affects clients using MQTT v3.1.1
# and later. If set to false, clients connecting with a zero length client id
# are disconnected. If set to true, clients will be allocated a client id by
# the broker. This means it is only useful for clients with clean session set
# to true.
#allow_zero_length_clientid true

client IDなしで接続できるかどうか、を設定するオプションかと思われます。ここに書いてあるようにIDを設定してしまうと、サブスクライブ接続を切った時に、それがテンポラリーなのかパーマネントなのかブローカは知る由がありません。そのため、同じIDで再接続されると切断されていた期間のデータが送られてきます。それは不要、という時もありますよね。。。。

今のところの対処は、一度 QoS0で再接続してから切る、というのをやっています。こうすると次に接続した時は接続後の情報から入手できます。ほんとはもっといい手があるのかとも思いますが。

ココらへんは、データアクイジションの側であれば、あとから不要な部分を切り取るとか、いかようにでも処理できるかと思います。コマンド系の接続では重要なポイントになりそうなので、考慮の必要がありそうですね。タイムスタンプを確認するとか。

などと話していたら、こんなオプションがありました。

  • persistent_client_expiration
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
# This option allows persistent clients (those with clean session set to false)
# to be removed if they do not reconnect within a certain time frame.
#
# This is a non-standard option in MQTT V3.1 but allowed in MQTT v3.1.1.
#
# Badly designed clients may set clean session to false whilst using a randomly
# generated client id. This leads to persistent clients that will never
# reconnect. This option allows these clients to be removed.
#
# The expiration period should be an integer followed by one of d w m y for
# day, week, month and year respectively. For example
#
# persistent_client_expiration 2m
# persistent_client_expiration 14d
# persistent_client_expiration 1y
#
# The default if not set is to never expire persistent clients.
#persistent_client_expiration

persistentは「しつこい」という意味らしいですが、長い接続は強制的に解除するということのようです。 「ランダムのidを使っていながらclean session(切断時の送信データを破棄してもらうモード)をfalseで接続してくるたちの悪いクライアント」とありますね。そういう接続はしないように設計します。はい。